たそがれ木曾人・道草日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 気ままに山仕事

<<   作成日時 : 2018/02/16 22:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 この頃は、天気予報と平昌オリンピックの競技種目などを勘案しながら時間を見ては山仕事に出かけて、キノコ栽培用の榾木や薪の伐採作業など一人仕事を楽しんでいる。
 周辺には残雪が約15センチほど残っているものの、広葉樹の伐採には特別に支障がないので、チェンソーを始め鋸や鉈を用いて山と樹木などと向き合いながら自分のペースで取り組んでいる。

 思えば、五十数年前の子供のころに両親に連れられて行って、手伝いと遊びが半々の気楽な時代を思い起こすと共に、その頃は生活のために炭焼きや薪を伐っていたことを思い出す山でもある。
 現在伐らせてもらっている広葉樹は、その頃から萌芽更新によって育ってきた木がほとんどで相当な太さに育っているが、当時は暖房などの燃料用に木材が大量に使われていたが、第二次世界大戦後の燃料革命によって石油や天然ガスなどの化石燃料が主流になってきたことから、木材は日の目を見ることなく放置されて、特に民有林の手入れもほとんどされることもなく現在を迎えているのが実態である。

 特に我が家では、父親が五十年ほど前に病死していることもあって、残された我々家族にとっても山の手入れなどとても手が回らず、農地を維持しながら家族が生活するのが精いっぱいの厳しい状況でもあった。
 その頃を思い出しながら、大きくなりすぎた広葉樹を伐採し再利用させてもらい、跡地に針葉樹などを植林させてもらって少しでも将来につながる森林を残せればと考えるこの頃である。

 森林作業は、肉体的にはきつく危険を伴う仕事でもあるが、休憩時間にはせせらぎの音や付近の木々の中を飛び交う小鳥の愛らしい姿(写真2)に心癒されることもあり、ゆったりとした時間を過ごしながらありのままに迎えてくれる自然に感謝している。
 自分は小鳥には詳しくないが、もしかしたら渡り鳥の「ジョウビタキ」ではないかと思うが、小声でピーピー囀りながら時々近くまで来ては飛び去って行く姿はとても可愛いものであった。
画像


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
気ままに山仕事 たそがれ木曾人・道草日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる