たそがれ木曾人・道草日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 国宝・彦根城にドライブ

<<   作成日時 : 2017/10/06 14:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 10月5日は、久しぶりに家内とドライブに出かけ、国宝の彦根城を見学してきた。この城は、慶長12年(1607年)頃に完成したと言われ、大津城から移築されたものと伝わっている城であり、築後410年を迎えようとしている歴史のある木造建造物で、外観も屋根には入母屋破風、唐破風及び切妻破風などが随所に施されているうえ、漆喰壁や装飾金物などが景観を引き立てているほか、城本来の戦略的機能も様々な工夫が施されており、当時の技術水準の高さと使用材料の豊富さが感じられた。
 昭和27年(1952年)には国宝に指定されている城で、長年にわたり適切な維持管理がされてきた我が国にとっても極めて貴重な文化財であり、彦根城以外の国宝天守閣は、姫路・松本・犬山・松江のみと言われ極めて貴重な国宝であるとの説明が記されていた。
 木造建築物としての造作手法と、そこに使用された木材の活用方法に関心のある自分にとっては、立ち止まってゆっくりと見ていたい心境であったが、国宝という知名度の高さと日本文化に興味を惹かれて訪れた諸外国からの観光客の多さに驚きながら、その流れを乱さぬように見学させてもらった。
 しかし、技術水準が格段に発展した現代に比べて、設計積算技術を始め伐木運材法、加工手段や機械力等も大きく異なる条件下において、このような豪華絢爛な建造物が構築され、四百年以上の長期にわたり当時のままの姿を保っている素晴らしさに改めて感動を覚えるものであった。
 また、天守閣の入り口付近で記念写真の撮影の案内があり、たまにはいいかと家内と二人の写真を写してもらい記念にできたことと、帰宅後にはインターネットで映像をダウンロードできたので、このようなセールスもあるのだと勉強になり感心したところである。
 見学を済ませた後は、琵琶湖方面に出て湖岸の施設(かんぽの宿)に立ち寄り、穏やかに晴れた風景を楽しみながら当該地域特産の近江牛の料理を添えて昼食を食べてから帰路に就いた。
 帰り道は、特段に渋滞することもなく車の流れは順調で、年齢相応に無理をしないように時折休憩をはさみながら帰宅することができた。天候に恵まれ、貴重な国宝を見学させてもらい、愛車の調子も良くドライブできたことに感謝である。
画像

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国宝・彦根城にドライブ たそがれ木曾人・道草日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる