たそがれ木曾人・道草日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 年金請求手続きに挑戦

<<   作成日時 : 2017/09/12 12:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 小生も年を重ねて、一般的に高齢者とみなされる年齢に達することとなった。
 そのため、老後生活に不可欠な年金制度について、否が応でも気になる時期になり、年金制度に関係する機関から制度や手続きに関する案内等がそのたびごとに届くようになってきた。
 小生が働いてきた四十数年間にも、社会保障制度が時代の経過とともに変わってきたことから、我々が老後に受ける社会保障制度の移り変わりには重大な関心を持ってきたが、特に当面する年金制度については手落ちの無いようにしなければならないと注視してきた。
 記憶に新しいところですが、平成27年10月1日には共済年金と厚生年金が一元化されたことにより、小生のように両制度間で就労してきた者にとっては、年金受給の手続きも関係機関などにも注意して対応することが必要である。
 また、制度が一元されたとは言え、従来から掛け金を積み立ててきた経緯などもあって、本来支給されるべき退職共済年金と制度改正後に支給されるべき老齢厚生年金、そして年齢65歳到達後に支給される老齢基礎年金があることになり、その請求手続きについても提出機関が異なっているので注意が必要である。
 そのため、退職共済年金と老齢厚生年金については、長年お世話になってきた長野県市町村職員共済組合を通じて全国市町村職員共済組合連合会に申請を済ませて、先頃年金決定通知を受理することができた。
 また、老齢基礎年金については、法律改正によって日本年金機構に請求手続きが必要となったので、先日に松本年金事務所に出向いて申請書類一式を提出してきた。
 事前に日本年金機構より送られてきた、年金申請書や説明資料に基づいて所要事項を記入し添付書類を準備して、あらかじめインターネットなどで予備知識を得て同年金事務所に向かい、受付で番号札をいただいて大勢のお客様の一人として順番を待った。
 自分の番号が呼ばれて、所定の窓口に13時30分頃席について相談担当者に挨拶後、提出書類と添付書類を確認していただいたが、基礎年金番号等に基づいてパソコンシステムで確認しながらてきぱきと進められ、中には自分の解釈違いで提出不要の書類や記載内容訂正箇所もあったが、他に不足する書類もなく申請書類一式を受理いただき14時頃には終了することができた。やはり、書類は郵送でなく直接提出してよかった。
 申請時に、親切丁寧にご案内いただいた担当者には心から感謝であります。
 説明によれば、当該年金の支給は12月頃になると聞いたので楽しみに待ちたいと思う。
 自宅に戻り、家内と二人で、地域の多くの皆様のお陰により、四十数年間に渡り無事・健康な体で働くことができたことに心から御礼を申し上げ、年金制度から支給される貴重な浄財に感謝しつつ、大切に心穏やかに暮らしたいと決意を新たにしている。
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
年金請求手続きに挑戦 たそがれ木曾人・道草日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる