たそがれ木曾人・道草日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「木曽の宝」展を鑑賞

<<   作成日時 : 2016/09/26 21:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 長野県千曲市にある長野県立歴史館が企画展示している「木曽の宝」展を、9月25日に家内と共に鑑賞することができた。
 この企画は、中山道沿線の木曽地域に伝わる歴史や文化などを題材にした「木曽路はすべて山の中〜山を守り 山に生きる〜」が、本年「日本遺産」に認定されたこともあって県立長野歴史館が企画され、前期が9月17日から10月23日まで、後期が10月25日から11月27日まで開催される予定となっている。
 木曽地域に伝わる旧石器時代から現代にいたる文化財や工芸品等が多数展示されており、古より森林資源が豊富な木曽のルーツをたどってしばらくの間タイムスリップすることができ、木曽の宝物がこんなにもたくさんあることに感動を覚えた。
 約百点にも及ぶ展示品の中には、県宝や市町村指定文化財が多数展示され、普段は一度に目にすることもできないような貴重な展示品も拝見することができて大変勉強をさせてもらった。
 ちなみに上松町に関係する展示品の中に、県宝に指定されている「聖徳太子和朝先徳連座影像」(上松町教育委員会蔵)や木曽路美術館蔵の渓斎英泉の「岐阻街道奈良井宿名産店之図」それに歌川広重の「木曽海道六十九次之内福し満」「木曽海道六十九次之内須原」そして長野県立歴史館蔵の「信濃国木曽御嶽山全図」など貴重な作品が数多く展示されていて時間があればもう少しじっくりと眺めていたい心境であった。
 また、木曽の歴史や文化に深くかかわっていただいた千村士乃武作や石井鶴三作の「木曽馬」や写真家の沢田正春撮影の「木曽路をめぐる写真」の数々など、昔の木曽の記録をとどめた数多くの展示品を目にすることができた。
 そして、馬籠の藤村記念館に貯蔵されている「夜明け前」の原稿なども拝見することができて、改めて木曽出身の偉大な文豪の存在と歴史に感動を覚えた。
 なお、信州木曽地域の古代からの生活や歴史を物語る展示会場では、入り口の一角に当町の赤沢自然休養林の木曽ヒノキの森をモデルに、林内の風景を再現して見学者を森林浴や森林セラピーに誘うような展示スペースも設けられているなど、県立歴史館のきめ細かな配意に感謝を申し上げます。
 また、この展示会場では、ボランティアの方の案内もいただき、各展示スペースでのわかりやすい説明と和やかな会話ができたことに感謝であります。
 私自身にとっても、県内各地に丁寧に保管されている貴重な文化財や歴史を伝える数多くの史跡等に触れることができて心が和むひと時を過ごすことができた。帰りには、この度の記念企画をまとめた書籍「文化の十字路・木曽の宝」(写真)を購入して帰路に就いた。
 皆様も、機会が取れましたらこの展示会を是非ご覧になってください。
画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「木曽の宝」展を鑑賞 たそがれ木曾人・道草日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる