たそがれ木曾人・道草日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 大火記念日行事

<<   作成日時 : 2016/05/09 06:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 上松町消防団の大火記念日行事が、5月8日早朝に模擬火災訓練(写真)と諏訪神社境内で鎮火祭を行って本年度の無火災・無災害を念願する行事を行った。
 当町の歴史上で忘れてはならない大火は、1950年(昭和25年)5月13日深夜から14日早朝にかけて町内の中心部が焼け野原と化した大火災があり、この大火により焼失建物674棟、被災世帯615世帯、被災人口2,797人で当時の全人口の約31%が焼け出されるという大災害に遭遇し、当時の被害総額は約8億円以上であったという記録がある。
 町内では木材木工業が盛んであったことと、木曽川が流れ下る渓谷沿いに強風が吹きやすい自然環境が重なったことが大火災の原因になったとも言われている。
 毎年この大火記念日を思い起こし消防団による模擬火災訓練を行っているが、本年は町内瀬木地区の住宅地域周辺の原野火災を想定して、消防団員約110人が出動して消防ポンプ自動車や可搬動力ポンプを駆使してホース延長を行って木曽広域消防本部とも連携して消火訓練を行った。
 消防団の統率力と規律あふれる機敏な訓練に感銘するとともに、今後も予防消防の啓発等に一層のご尽力をいただき町民の生命や財産を守るために精進と活躍を期待します。
 また、5月9日から3週間にわたって毎晩ポンプ操法訓練が行われる模様であり、仕事終了後に夜間の厳しい訓練が始まりますが団員各位にあっては健康管理に留意して目的達成に尽瘁されることを祈っています。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大火記念日行事 たそがれ木曾人・道草日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる