たそがれ木曾人・道草日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 木曽郡の医療存続に関する要望活動

<<   作成日時 : 2016/04/20 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 木曽郡町村会(6町村)では、4月19日午前に長野県庁を訪問し副知事、健康福祉部、独立行政法人長野県立病院機構並びに長野県議会に対して「木曽郡の医療存続への長野県支援について」要望活動を行った。
 木曽郡内唯一の総合病院として長野県立木曽病院(木曽郡木曽町)が、地域医療の第一線で一年365日24時間体制により郡民の外来診療や入院治療に携わられ、郡民の命を守り安全安心な暮らしに多大な役割を果たしている。
 しかし、最近になり一部の診療科の医師が不在となる事態が生じたほか、看護師等の医療人材が不足したために病院の入院ベット数を減らすことなどについて情報が飛び交い地域住民に不安が募っている。
 そのため次の事項について長野県庁に対して要望を行ってきた。
 (1)平成28年度から減員となった長野県立木曽病院の循環器内科、整形外科常勤医師を確保し、救急医療等の機能回復を図ること。
 (2)二次医療圏を存続し、長野県立木曽病院の病床数を現状維持すること。
 (3)長野県立木曽病院の脳神経外科、精神科等の診療料に常勤医師を配置するなど医療体制の充実を図ること。
 以上の3点について木曽地域の切実な要望活動に耳を傾けていただき、木曽地域住民が安心して暮らせるように長野県として格別な配慮と支援をお願いしたいと存じます。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
木曽郡の医療存続に関する要望活動 たそがれ木曾人・道草日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる